case study制作実績

LINE@ API を利用した顧客サポートセンターの開発

LINE@ Messaging API と既存のCRMシステムを接続して、チャットセンターを開発致しました。
既存のCRMからメールやSMSを用いて、LINE@の連携のご案内を送信致します。

CRMの会員データとLINEのアカウントが連携し、予約やサポートがLINEから行える様になっています。
更に、メールやSMS、対応履歴なども会話画面に表示が可能である為、顧客対応を一つの画面で完結させられます。

BOTのカスタマイズも行なっており、
既存CRMで予約が入っている場合などには、予約変更を人の手を介さず行えるなどの仕組みも実装しております。

勿論BOTの対応履歴も含めて、有人で監視が可能です。